社外ドリームマネージャー導入制度。企業内に「ドリームマネージャー」を入れてみませんか?

Pocket

皆さん、こんにちは!

 

ドリームマネジメントを日本に広めて、「ドリームマネージャーという職種を当たり前にする」という夢を持っている佐々木です。

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメント
https://welovedream.com/

 

ドリームマネジメントの本当の目的とは?

ドリームマネジメントの本当の目的は、離職率低下、生産性向上ではない。

 

 

何度も紹介していますが、ドリームマネジメントの基盤となっている書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」はジャンコア社というアメリカの清掃会社がモデルとなっています。

 

ジャンコア社は離職率400%という人が全く定着しない会社でした。

 

ジャンコア社は高い離職率によって、採用コスト、教育コストは上がり、生産性、顧客の信頼、社員のモチベーションは下がるという悪循環に陥っていました。

 

こんなひどい状況の中、経営者のトニーはあることを行いました。

 

社内に「ドリームマネージャー」を置くということです。

 

ドリームマネージャーの役割は、社員一人ひとりに夢を持たせ、その夢の実現をサポートすることです。

 

夢は仕事に限ったことではありません。

 

「家を買いたい」「休暇を取って旅行に行きたい」「家族でクリスマスパーティーをしたい」「外国語を学びたい」など、社員から出てきた夢は様々です。

 

夢を持ち始めたジャンコア社の社員は、人生を前向きに生きるようになり、仕事にも積極的に取り組むようになりました。

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」のモデルとなったジャンコア社の動画

 

 

その結果、ジャンコア社の離職率は400%から12%まで下がり、生産性は2倍に上がりました。「人が辞める会社から夢を実現できる会社」という企業ブランドを築き上げ、清掃業という比較的人気のない業態にも関わらず、採用に困らない会社になったのです。

 

 

この実話がストーリー調に書かれているのが、書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」です。

 

そして、この内容をプログラム化したのが「ドリームマネジメントプログラム」です。

 

ドリームマネジメントは「社員の夢の実現」に特化したプログラムです。毎月1回計12回のセッションは社員の夢の実現のために行います。

 

社員が夢の実現を目指せば、全てのことに対して前向きになり、自発的になります。その結果、会社が良くなっていくのです。

 

夢の実現のために、アクションプランを立て実行していく。

 

この夢の実現のためのプロセスは仕事の目標設定や戦略的な計画づくりのスキルにも繋がっていきます。そして、夢を達成したいという願望は日常生活の向上心となり、この向上心は必然的に仕事にも注がれていくのです。

 

夢の実現は人に活力を与えます。

 

夢を追いかける活力から生まれる情熱とエネルギーは、ポジティブな感情を生み出し、家庭、職場にも自在に入り込んでいきます。

 

さらに、私たちは身近な人の夢を知った時、その夢が叶うよう手を貸したいと思うようになります。夢の実現に協力するということは、自然とその人に深く関与するということであり、これがチームワークに繋がっていくのです。

 

 

書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」に書かれている内容を抜粋します。

+++++++++++++++++++++

会社の将来と社員の潜在能力は密接につながっている。

「組織を動かす一人ひとりが理想の自分になろうと懸命に努力すれば、その組織は理想の状態に近づく」これは会社だろうと学校だろうと、役所や非営利団体やスポーツチームだろうと、どこででも通用する普遍的真理だ。

経営者、役員、管理職、従業員がそれぞれ個人としての可能性を追求すればするほど、組織もまた発展するのだ。

+++++++++++++++++++++

 

ビジネスを動かすのも組織を動かすのも人。ならば、その原動力となる夢の実現を応援してあげればいい。とてもシンプルなことです。

 

我々、ドリームマネジメントの認定ファシリテーターはこの考えをもとに、企業に入り「ドリームマネージャー」として社員達と夢の実現を一緒に目指します。

 

ドリームマネジメント認定ファシリテーターはドリームマネージャーとしてのスキルを身に付けています。

 

社員の夢を引き出し、その夢の実現を目指すスキルの他、12の分野のドリームマネジメントのセッションを進行するスキル。そして何よりも社員に対してどのように接するれば良いか?というドリームマネージャーとしての心構えも身に付けています。

 

ドリームマネジメントファシリテーターは、肯定思考、傾聴力、夢を判断しない、自ら実践する、心理的安全性の高い環境つくりなど、様々なことを身に付け、社員の夢の実現をサポートします。

 

それが、社員一人ひとりにとって最高の自分にすることになり、理想の会社になるという考えのもと、常にベストを尽くします。

 

 

書籍「ザ・ドリーム・マネージャー」を読んで、こんな会社、チームをつくりたいと思った方も多いと思います。

 

もし、その夢を実現したいのならば、会社内にドリームマネジメント認定ファシリテーター(ドリームマネージャー)を入れることをおススメします。

 

私達、ドリームマネジメント認定ファシリテーターは、書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」で起こったことを、日本の企業内でも再現したいと本気で思っていますし、そのためにアメリカで開発されたドリームマネジメントプログラムを学び、実践しています。

 

「社外ドリームマネージャー導入」にご興味がある方はまずはご相談ください。

 

■社外ドリームマネージャー導入に関するお問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

 

 

+++++++++++++++++++++

【社外ドリームマネージャー導入プラン】
ドリームマネジメント認定ファシリテーターがドリームマネージャーとして企業に入るプランです。

ドリームマネジメント認定ファシリテーターが企業に入り、社員の夢の実現を応援するプランです。書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」のような企業文化をつくります。

■こんな企業様におすすめ
・社内に「ドリームマネージャー」を置きたい。
・社内のコミュニケーション活性化
・社員一人ひとりの夢の実現を応援したい
・会社と社員の信頼関係を深めたい
・幹部のマネジメントスキルを向上させたい
・離職率低下
・リクルート効果向上

■プラン詳細
・ドリームマネジメント認定ファシリテーターが定期的に企業に入り、ドリームマネジメントのセッションを行います。
・グループでのセッション月1回、1on1のセッションを10回(1回あたり約30分)行います。
・電話、ネットでの問い合わせ随時対応

■費用30万/月~
※人数によって変わります。
※6か月からの契約となります。

■社外ドリームマネージャー導入に関するお問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト
https://welovedream.com/

■お問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

■ドリームマネジメントプラン
https://welovedream.com/PLAN/

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・業績アップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は5,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、80名以上ファシリテーターの育成を行う。

Vol.34 – 佐々木 亮輔 / 事業で挫折を知った僕は、”ドリーム・マネジメント”を広めることにした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です