顧客ニーズを知らずに顧客満足の実現が出来ないと同じで、社員のニーズを知らなければ社員満足は実現しない。

皆さん、こんにちは!

 

マネジメントを日本に広めて、「ドリームマネージャーという職種を当たり前にする」という夢を持っている佐々木です。

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメント
https://welovedream.com/

 

ドリームマネジメントの本当の目的とは?

ドリームマネジメントの本当の目的は、離職率低下、生産性向上ではない。

 

 

顧客ニーズを把握する、顧客ニーズに応える、など、ビジネスをする上で「顧客ニーズ」の重要性は誰もが理解していることです。

 

 

多くの企業が、顧客ニーズを把握するためにあらゆる角度から顧客分析を行ったり、多額のシステム投資をしたりしています。

 

 

ビジネス書を読んでいても「顧客ニーズ」というキーワードは嫌というほど出てきます。「顧客ニーズ」が重要だということは当然のことかもしれませんが、「社員のニーズ」はどうでしょうか?

 

社員が何を求めていてるか?

 

社員が日頃どのような生活を送っているのか?

 

こんなことを考える企業、経営者はどれほどいるでしょうか?

 

 

「顧客ニーズ」を分析した上でのマーケティングが成功したという話を誇らしげに話す経営者は沢山いますが、「社員ニーズ」を把握したことを誇らしげに話す経営者はほとんどいません。

 

 

企業にとって顧客は大切な存在。それと同じ、いやそれ以上に自社で働く社員たちは大切な存在なのではないでしょうか?

 

 

顧客が何を求めているかを把握しないで、顧客ニーズを満たすことが出来ないのと同様に、社員が何を求めているかを把握しないで、社員を満足させることなんて出来やしません。

 

 

あんなに時間とコストをかけて顧客ニーズを分析するのに、社員が何を求めているかを全く把握しようとしない企業が本当に多い。

 

 

そんな環境の中、社員にやる気を出せというのは理不尽極まりない。。

 

 

ドリームマネジメント開発者のマシュー・ケリーはこんなことを言っています。

 

 

「社員に仕事で成果を出して欲しいなら、社員の夢の実現を応援することだ。」

 


マシュー・ケリー

 

社員の夢=社員のニーズです。

 

社員が求めているのは仕事の成果だけではありません。

 

旅行に行きたい、車が欲しい、貯金をしたい、ダイエットしたい、理想の人と結婚したい、資格を取りたい、穏やかな心でいたい、サーフィンをしたい、昇進・昇格したい、母親のような人になりたい…など、たくさんの夢、やりたいこと、なりたいことがあります。

 

その社員ニーズを会社が把握して実現をサポートできる場所であれば、社員にとって最高の場所となるはずです。

 

もちろん、社員ニーズといっても多種多様ですし、それを全て満たすということは難しいかもしれません。

 

ただ、顧客分析、マーケティングに多大なコストをかけて、顧客の購買意欲を高めることが出来る企業であれば、社員ニーズを把握して、社員の働く意欲を高めることはそんなに難しくないはずです。

 

顧客ニーズを把握と同じくらい社員ニーズ(社員の夢)を把握することはとても重要なことです。

 

 

まずは社員の夢を知ることからはじめてみませんか?

 

※「90分間で夢を語り合うチームになる!」ドリームマネジメント無料体験セッション(ZOOM)行っております。

※お気軽にお問合せください。
https://welovedream.com/contact/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト
https://welovedream.com/

■お問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

「ドリームマネジメント」を学ばないと「ザ・ドリーム・マネジャー」のようなことは起きない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

ドリームマネジメントを広げることが、自分自身にも良い影響を与えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。

礼節のある人、無礼な人。

皆さん、こんにちは!

 

マネジメントを日本に広めて、「ドリームマネージャーという職種を当たり前にする」という夢を持っている佐々木です。

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメント
https://welovedream.com/

 

ドリームマネジメントの本当の目的とは?

ドリームマネジメントの本当の目的は、離職率低下、生産性向上ではない。

 

 

今回は「ザ・ドリーム・マネジャー」ではない本から抜粋させて頂きました。

 

「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

 

この本も沢山の人に読んで欲しいです(^-^)

 

職場で無礼な言動をする人がいるとこのようなデメリットがあると書かれています。

 

1.無礼な人は同僚の健康を害する

2.無礼な人は会社に損害をもたらす
(アメリカ経済全体で年間5,000億ドルの損失)

3.無礼な人はまわりの思考能力を下げる

4.無礼な人はまわりの認知能力を下げる

5.無礼な人はまわりを攻撃的にする

 

 

さらに、「職場で誰かから無礼な態度を取られている人について次のことが言えると分かった」と書かれています。

 

・48%の人が、仕事にかける労力を意図的に減らしている。

・47%の人が、仕事にかける時間を意図的に減らしている。

・38%の人が、仕事の質を意図的に下げている。

・80%の人が、無礼な態度を気に病んでしまい、そのせいで仕事に使うべき時間を奪われている。

・63%の人が、無礼な態度を取る人を避けるために仕事に使うべき時間を奪われている。

・66%の人が、自分の業績は低下したと答えている。

・78%の人が、組織への忠誠心が低下したと答えている。

・12%の人が、他人の無礼な態度が原因で転職をした経験があると答えている。

・25%の人が、無礼な人にストレスを感じたせいで顧客への対応が悪くなることがあると答えている。

 

フォーチュン1,000企業の管理職、幹部は人間関係の修復、無礼な人間による悪影響への対応のため、職場で7週間を費やすとも。

 

 

無礼な振る舞い、言動をする人がいるだけで、企業に大きな損失を与えているのです。

 

このような無礼な人は、社内だけではなく、顧客、取引先にも同様に悪影響を及ぼします。

 

立場や権限を誤って使い、自社の社員、取引先、顧客に無礼な振る舞いをする人は、残念ながら沢山います。

 

人を尊重するどころが、人を人として扱っていないのです。

 

立場で人を上か下か判断し、下と見ればどんなことを言っても良いと思っているのです。

 

無礼な人にストレスを与えられた人は、家庭にも悪影響を及ぼします。

 

「無礼さは伝染する」と書かれていますが、とても嫌な伝染ですね。。

 

 

では、礼節のある人はどのようなメリットがあるのでしょうか?
これについても書かれいます。

・仕事が得やすい

・幅広い人脈が築ける

・出世の可能性が高まる

・礼節のある上司のチームは高い業績をあげる

・礼節のある経営者は従業員に安心感を与える

 

「人は尊重されると、自分に価値があると感じ、力を発揮することが出来る。リーダーの礼節ある態度は部下の気分を高め、その人が属するチームや企業の業績を上げることができる。」

 

無礼な振る舞いをやめて、礼節ある態度を取るということはとても重要なことですね。

 

そのためには会社内だけでなく、日頃からどんな人に対しても礼節ある態度をとることが必要なのではないでしょうか?

 

❝誰に対しても平等に接し、常に謙虚で堂々とした心構えでいる”

 

僕が毎日唱えているアファメーションの一つです。

 

この本を読むと、自分の目指していることは間違ってはいないんだなと思います。

 

あと、この本にはこんなことが書かれています。

 

無知が人を無礼にする

 

まずは自己認識の欠如もそうです。
自分自身の無礼さを知ることです。

 

そして、コミュニケーション、チームビルディングなど、学ぶことは沢山あります。

 

これだけのデメリットがあるのに「知らずに無礼な態度をとっていた」では済まないかもしれませんね。

 

礼節のある人たちに囲まれて仕事やプライベートの時間を過ごせたら、これほど心地良いことはないでしょう。

 

そんな世の中をつくっていきたいですね。

 

※「90分間で夢を語り合うチームになる!」ドリームマネジメント無料体験セッション(ZOOM)行っております。

※お気軽にお問合せください。
https://welovedream.com/contact/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト
https://welovedream.com/

■お問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

「ドリームマネジメント」を学ばないと「ザ・ドリーム・マネジャー」のようなことは起きない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

ドリームマネジメントを広げることが、自分自身にも良い影響を与えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。