誰もがみなドリームマネージャーを必要としている。

皆さん、こんにちは!
ドリームマネージャー佐々木です。

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメントという人材開発、組織開発プログラムを広めてます。
https://welovedream.com/

 

 

ドリームマネジメントはアメリカで開発された「ライフコーチングプログラム」とも呼ばれています。

 

 

その名の通り、「自分の人生をコーチング」するためのプログラムです。

 

なのですが、

 

コーチング的な要素もあまりないですし、研修的な要素もあまりないです。

 

 

アメリカでは、お菓子を食べながらリラックスした状態で、ドリームマネジメントのセッションが行われています。

 

リラックスした状態の方が、夢を語り合いやすいというのが理由です。

 

 

僕達、ドリームマネジメントのファシリテーターは全力でリラックスした状況をつくります。(全力でリラックスした状態をつくるという表現が変ですが、、、)

 

 

ドリームマネジメントを受講した方の中には「ゆるい」「ぬるい」とか言う方もいますが、リラックスした状態の方が夢も出やすいですし、聞く側も受け入れやすいというのがドリームマネジメントの考え方です。

 

 

力んで夢を語ったとしても、それでは「決意表明」のようなものになってしまいます。

 

 

ドリームマネジメントでは「夢=やりたいこと」なので、力む必要もありません。

 

 

そして、ドリームマネジメントは「夢の実現を応援し合う」というのも特徴ですが、これも義務感で行う必要もなく、力んで行う必要もないのです。

 

 

 

 

 

あくまでも自然体で。

 

というのがドリームマネジメントの考え方です。

 

 

その夢を語り合い、応援し合うのもドリームマネジメントの特徴です。

お互いの夢を知り、応援し合うことによって、互いに関心が生まれ、認め合うことが出来るのです。

 

関心が生まれ、認め合うことが出来る

 

とても大切なことです。

 

誰もが大なり小なり承認欲求を持っています。

 

自分のこと、自分の存在価値を認めて欲しいのです。

 

 

お互いの夢を知り、応援し合うということは、お互いの承認欲求を満たすことにも繋がります。

 

ドリームマネジメントの基盤となっている書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」にはこんなことが書かれています。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたもふりかえってみれば、じつに様々な人達、両親や祖父母、先輩、友人、コーチ、社長、上司、先生、牧師など、大なり小なりドリームマネージャーの役割を果たしてくれたことに思い当たるだろう。

それは、毎月定期的に会って特定の夢について注意深く検証し計画を立てるというよりも、もっと自然でざっくばらんなものだったに違いない。

そうであってもなお、あなたという人間やあなたの夢に関心を示してくれた人たちは、間違いなくあなたの人生に大きな影響を与えたはずである。

人生は夢に向かって励ましたり課題を与えたりしてくれる人を、自然と与えてくれるものだ。「自分の夢くらい自分でなんとかできるさ!」と多くの人が主張する。

ある程度はそうかもしれないが、実現までにはたゆまぬ」努力が必要なことを常に思い出させてくれるような誰かを、私達は必要としている。

「私達はみなドリームマネージャーを必要としている」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

特別な人だけがドリームマネージャーになれるということではなく、誰もがドリームマネージャーになれるのです。

そして、誰もがドリームマネージャーを必要としています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト(お問合せもこちらから)
https://welovedream.com/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター制度
https://welovedream.com/blog/?p=1079

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。

こんな時だからこそ、夢を100個書き出してみる。

皆さん、こんにちは!
ドリームマネージャー佐々木です。

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメントという人材開発、組織開発プログラムを広めてます。
https://welovedream.com/

 

コロナウィルスが世界中で猛威をふるっていますね。

コロナウィルスは見えないものであり、今までにないウィルスであるということが、より不安を煽っていると思います。

このような状況の中、単に楽観的に考えろと言うのも無責任だと思いますし、だからと言って、不安ばかりで消極的になり過ぎるのも良くありません。

コロナのリスクと対策を十分把握した上で、自分に出来る最善のことをして、前向きに生きていくしかないのではないでしょうか。

うがい、手洗い、消毒をこまめに行う。充分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動を行い良好な健康状態を維持する。など、今出来ることを愚直に行うしかないと思いますし、実際にそれしか出来ないと思うのです。

出来ることを愚直に行い続けた上で、前向きに考え行動するということが大事なのではないでしょうか。一番良くないことは、コロナというウィルスに必要以上に恐怖を感じて、心身ともに屈してしまうということです。

コロナによって、自分らしさを失ったり、何もやる気が起きなくなったり、自分のことしか考えない行動をしたり、他人を責めるようになったりしたら、それこそ元も子もありません。

 

ドリームマネジメントでは、4つの状態をチェックするという「人生のリズムスコアカード」というものがあります。(僕はドリームマネジメントを広げている人間なので、ここでもドリマネのメゾットを用います、、)

身体、人間関係、知性、精神の状態を自分でチェックするのです。この4つの状態を良くすることが、最高の自分、最高の人生に繋がっていくという考え方です。

 

以下の質問を自分自身に投げかけて、各項目で自分の状態を緑(良い)、黄色(ふつう)、赤(悪い)と色でチェックします。

■身体
・最近の健康状態は?適度な運動はしてますか?
・規則正しい生活は出来てますか?
・食生活、睡眠状態は?

■感情(人間関係)
・家族、大切な人との関係は良好ですか?
・会社の仲間とはうまくいってますか?
・感謝してますか?

■知性
・最近学んだことはありますか?
・知識を活かしてますか?
・本は読んでますか?
・インプットしてますか?

■精神
・イライラしてないですか?
・穏やかな精神状態ですか?
・リラックスした時間をつくってますか?
・集中力は?

この4つの状態を良くすることが、最高の自分をつくるということに繋がります。

人生のリズムスコアカードが、コロナ対策に直結するとまでは言いませんが、コロナというコントロール出来ない外的要因に対してあれこれ考えるより、自分自身を最高の状態にするということは、ある意味今できる最善の策であると思うのです。

健康状態を良くする努力をする。

人との繋がりを大切にし協力し合う関係をつくる。

学ぶことにより新たな自分を発見する。

不安な気持ちに負けない、強い自分、強い精神状態をつくる。

 

など、こんな状況の時だからこそ、4つの状態を良くすることが大事だと思います。

 

あと、「夢」や「やりたいこと」考えることも大事です。

今は、先のことを考えても不安なことばかりかもしれません。

しかし、未来は誰にも分らないですし、どうせ分からない未来であれば希望に満ち溢れた未来を想像した方が良いと思うのです。

もちろん、今の状況を軽視するということではありませんが、この状況を乗り越えた時、素晴らしい未来が訪れるかもしれないのです(きっと訪れます😊)

こんな状況だからこそ、夢、やりたいことを意識して、そのために何が出来るのかを考え、行動してみてはどうでしょうか。

人は意識しないと自然とマイナスな思考になるそうです。だからこそ、意図的にプラスなことを意識することが大事なのです。

こんな時だからこそ、夢を100個書き出してみるのも良いと思いませんか?

 

まだ見ぬ未来に対して不安に思うことも、希望を持つことも自由です。

だとしたら、先行きの不安はあるかもしれませんが、それ以上に夢や希望を持って、少しでも前向きな気持ちになった方が良いと思いませんか?

身体、人間関係、知性、精神の4つを良い状態にして常に最高の自分を目指す。

夢を持ち、将来に希望を持ちながら日々を生きる

日々意識していきたいですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。