北風マネジメントと太陽マネジメント

皆さん、こんにちは!

 

ドリームマネジメントを日本に広めて、「ドリームマネージャーという職種を当たり前にする」という夢を持っている佐々木です。

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメント
https://welovedream.com/

 

ドリームマネジメントの本当の目的とは?

ドリームマネジメントの本当の目的は、離職率低下、生産性向上ではない。

 

今回のテーマは「北風と太陽」です。
(以前書いたブログを少し修正した内容です。)

 

「北風と太陽」といえば、イソップ童話でも有名ですね。
改めてですが、内容はこんな感じです。(※ウィキペディアより抜粋)

 

あらすじ
あるとき、北風太陽が力比べをしようとする。そこで、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をする。

まず、北風が力いっぱい吹いて上着を吹き飛ばそうとする。しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい、北風は旅人の服を脱がせることができなかった。
次に、太陽が燦燦と照りつけた。すると旅人は暑さに耐え切れず、今度は自分から上着を脱いでしまった。これで、勝負は太陽の勝ちとなった。

 

教訓
手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとするよりも、ゆっくり着実に行う方が、最終的に大きな効果を得ることができる。
また、冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるが、暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって初めて人は自分から行動してくれるという組織行動学的な視点もうかがえる。

 

※宜しければ動画もどうぞ

 

 

イソップ童話はとても良い教訓になりますね(^-^)

 

 

突然ですが、北風的なマネジメントをする人も多いのではないでしょうか?
地位や立場を利用して、北風的なやり方をする人達です。

 

 

イソップ童話の中では、北風に吹かれた旅人は必死に服を抑えて抵抗しましたが、組織、会社の中では、表面的には北風に従い、内心は反抗心が芽生えるなんていう場合が多いのではないでしょうか?

 

北風マネジメントに抵抗すると、より北風が強くなるので、嫌々ながら従うフリをします。

 

そうなると、どんなことが起きるかというと、北風的な上司がいるときは仕事をしているふりをして、いなくなるとサボる…こんなことが起こります。

 

 

確かにそうなりますよね。
内心反抗心があるのに北風が嫌でその場だけ凌いでいるわけですから。

 

北風が去った後でも、社員は自らの意志で仕事ををしようとは思わないでしょう。仮に仕事をしたとしても、自らの意志ではなく嫌々なので精度の低い仕事になるでしょう。

 

北風的マネジメントの人は、精度の低い仕事をした部下にこんなことを言います。

 

「もっと、ちゃんとやれ!」

 

「もっと、結果を出せ!」

 

そして、また北風をビュービューと吹かせまくります。

 

こんなことの繰り返しではないでしょうか?

 

仮に北風マネジメントで結果が出たとしても、長続きはしないでしょうし、その会社の社員は自らの意志で仕事をしていないので、自主性、自立した組織とはほど遠いものとなります。

 

そして、こんなことを言い出します。

 

「うちの社員は自分で考えて行動できない」

 

散々、北風を吹かせておいて…
ここまでくると、もはや笑い話です(笑)

 

では、太陽のように自らの意志で行動させることが簡単か?と言われたら、そんな簡単なことではありません。

 

単に「暑いから服を脱ぐ」という簡単な話しではありません。

 

では、どうしたら良いのか。

 

何が、太陽的なマネジメントなのか?

 

ここからは、ドリームマネジメントの考えを伝えさせて頂きます。

 

「人々の究極の目的は、夢を実現すること」

 

ドリームマネジメントでは、「人生において究極の目的は夢の実現」ということを大前提としています。

 

 

ドリームマネジメントの開発者であり、書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の著者であるマシュー・ケリーは同書でこんなことを伝えています。

 

===================

ビジネスを動かすのも組織を動かすのも人である。このことは決して忘れてはならない。取引の両側にいるのは人間なのだ。会社が成功するも失敗するも人間次第だ。

そして、人は夢を見る。夢を見る能力こそ、人間を人間たらしめている大きな特徴のひとつである。

従業員の夢と会社とは関係ない、と思いたいかもしれない。だが、わざわざお金を払って雇っている社員の原動力が夢であるなら、会社はそれを無視できないはずだ。

従業員の多くは、自分は会社に利用されていると感じている。だが、もしあなたが従業員のことを本気で考えていることが伝われば、彼らの見方はまったく違うものになる。

そして、そのプロセスの中で、今日の企業社会では滅多にお目にかかれないような忠誠心とチームスプリットが生まれてくるだろう。

 

===================

 

ドリームマネジメントとしての「太陽的マネジメント」は至ってシンプルです。社員に夢を持たせ、その夢を応援すれば、社員は自発的に動いていくということです。

 

よく考えてみてください。

 

自分が本当にやりたいこと(夢)が見つかり、それを応援してくれる人が会社にいたら、その人と一緒に働きたいと思いませんか?

 

以前は北風的なマネジメントが主流だったかもしれませんし、北風マネジメントの方が、短期的な結果が出たのかもしれません。

 

しかし、短期的につくられるものは短期的に崩壊します。

 

太陽的マネジメントは時間がかかるし、じれったさも感じるかもしれません。しかし、長期的に考えれば、太陽的マネジメントの方が良いということは言うまでもありません。

 

軍隊式マネジメントや恐怖によるマネジメントが通った時代もありましたが、今はそんな時代ではないです。

 

昔と違って、そのようなマネジメントでは結果が出ないというデーターも出ています。(それでも、いまだに軍隊式、恐怖によるマネジメントを行っている時代錯誤な人達も沢山存在しますが、、、)

 

恐怖やプレッシャーを与え続け、北風マネジメントを続けている皆さん、これを機に、社員の夢の実現を応援する太陽的なマネジメントに切り替えてみませんか?

 

北風に吹かれている社員は反発心や嫌悪感しか抱かなくなるし、北風を吹き続けている人自身も心身ともに疲弊してしまいますよ。

 

 

※「90分間で夢を語り合うチームになる!」ドリームマネジメント無料体験セッション(ZOOM)行っております。

※お気軽にお問合せください。
https://welovedream.com/contact/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト
https://welovedream.com/

■お問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

「ドリームマネジメント」を学ばないと「ザ・ドリーム・マネジャー」のようなことは起きない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

ドリームマネジメントを広げることが、自分自身にも良い影響を与えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。

 

目の前のことで必死な人に対して…

皆さん、こんにちは!

 

ドリームマネジメントを日本に広めて、「ドリームマネージャーという職種を当たり前にする」という夢を持っている佐々木です。

 

 

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメント
https://welovedream.com/

 

「目の前のことで精一杯で夢なんて持てない」

 

ドリームマネジメントのセッションを行っているとこのようなことを言う人がいます。

 

 

実際に、目先のことで精一杯な人達は沢山いますし、このようなことを言う人を否定することはしません。

 

 

目の前のことは頑張るのは大事だけど、長期的な目標や生きる目的を持った方が良い…

 

 

これが正しい考えでしょう。

 

 

しかし、この考えを目の前のことだけを一生懸命な人に正論ぶってぶつけたとしても、きっと伝わらないでしょう。

 

 

そんなことは分かっているよ、だけど目の前のことで精一杯なんだ!と反発されるのがオチです。

 

 

目の前のことで精一杯の人達も、そんなことは分かっています。
分かっているけど、目の前のことで精一杯なのです。

 

 

 

という僕も、今までを振り返ると、若い時は本当に目先のことしか考えていませんでした。

 

 

20代は転職を繰り返し、7社ほど経験をしました。上司とケンカして辞めた会社も2社ありますし、在籍した会社が倒産したことも3社ほどあります。

 

昼は営業マン、夜はキャバレー(当時はキャバクラがなかった💦)のウエイターをかけもちで仕事をしてた時もあります。

 

25歳の時に前の妻と出会い、会って1か月で妊娠が発覚し結婚することが決まりました。もっと稼がなければいけないと思い、昼間は正社員で営業マン、夜はキャバレーのウエイターのバイトにプラスして週2でコンビニ夜勤もしました。

 

コンビニの夜勤のバイトが終わるのが翌朝で、そのまま会社に出勤しなければいけなかったので、その時は会社から100Mほど離れたコンビニでバイトをしてました。

 

朝は近くの会社のサラリーマン、OLなど顔を知っている人もそのコンビニによく来るので、なるべく顔を下に向けて、目を合わせないようにレジ業務などをしてました💦

 

 

その会社も妻の妊娠が発覚した3か月後にいきなり倒産して、数か月は仕事を探しながら、夜のキャバレーのウエイター、コンビニ夜勤、日雇いの引っ越しのバイトなどで繋いだりしました。

 

28歳の時、上司とケンカして会社を辞めましたが、その時は3歳の娘に加え、当時の妻のお腹にもう一人の子供がいたので(だったら会社を辞めるなよ、と言われそうですが💦)、仕事を探す間、葬儀屋でバイト、クロ〇コヤマトの宅急便の運転手のバイト、夜はホステスを送迎するバイトなども経験しました。

 

葬儀屋のバイトでは初日から「納棺」に立会いました。自宅の2階で病気で亡くなった御婆ちゃんを棺に入れて、開いている口や目を閉じるようなこともやりました。

 

葬儀屋のバイトは約3か月程の期間でしたが、毎日のように亡骸を見る機会があり、悲しむ遺族や、そうでない遺族などを目の当たりにしたので、その都度色々なことを考えることが多かったです。

 

「死」がとても近いものに感じ「死」について真剣に考えるようになったのもその頃でした。

 

宅急便の運転手のバイトをしてた時は、当時は体力に自信があり、社員になると給料も良かったので、本気で社員になって宅急便の運転手をやろうと思いました。実際に所長に面接もしてもらい社員になることに対してOKをもらいました。

 

しかし、交通違反の多かった僕はその会社のドライバーの採用基準を満たすことが出来ず、社員になることが出来ませんでした。(当時は、違反点数が多いと運転手として正社員では雇えないという決まりがあったみたいです。)

 

 

20代前半は遊ぶためのお金欲しさに働き、20代後半、30代前半は子供が2人産まれたということもあり、とにかく生活していくのに必死だったような気がします。

 

将来的なビジョンや夢などはなく、目先のことで必死な毎日を送っていました。大袈裟な話ではなく家族と共に生きていくのに精一杯でした。

 

 

かなり話がそれましたが、僕自身がそんな経験を積んできたので、目の前で精一杯という人の気持ちが痛いほど分かるのです。

 

それが、30代半ばから経営者になりたいと思いはじめ、この12.3年は4社の設立に携わり、そのうちの2社は上場企業から計1.5億ほどの出資もしてもらっています。

 

形上は経営者としての道を歩んでます。(事業を失敗して迷惑を掛けてしまったことも多々ありますが、、、💦)

 

経営者の道を歩んでいるから良いというわけではなくて、成功したから失敗したから良い悪いという話でもなくて、自分のやりたいこと、進みたい道が見えたということが僕にとって大きなプラスになったということです。

 

そのきっかけを与えてくれたのが、30代半ばに在籍した会社の会長だったMさんです。

 

※Mさんのことを書いたブログです。

人は1人でも応援者がいれば頑張り続けることが出来る。

 

Mさんは僕の話しを沢山聞いてくれました。

 

そして、「君には可能性がある」ということを何度も言ってくれました。

 

Mさんと出会って自分の可能性を感じるようになり、それまでの目先しか見えない日々から少し先の未来を考えるようになりました。

 

その時から、自分の夢を持てるようになったのです。

 

 

もう一人、僕の人生に大きな影響を与えてくれた方がいます。

 

ドリームマネジメント公式サイトの対談にも協力して頂いた「美容業界の虎」と言われたNさんです。(MさんもNさんもブログを見れば名前が分かってしまいますが、、💦)

 

■「美容業界の虎」ことビューティガレージ野村社長インタビュー

https://welovedream.com/interview/3.html

 

■Nさんとの想い出を書いたブログ

https://sryosuke.exblog.jp/25859868/

 

 

Nさんはとても厳しい方でした。。
(いきなり悪いイメージの入り💦)

 

創業15年で会社を一部上場企業に成長させた敏腕経営者であり、経営には厳しく常に逃げ道を与えてくれませんでした。

 

当時、僕はNさんが経営する会社から5,000万の出資を受け、グループ会社の社長を務めていましが、毎月の役員会の時はいつも逃げ出したい気持ちでした。

 

しかし、いつも厳しいNさんでしたが、
いざという時は必ず僕を守ってくれました

 

 

己の信ずる道を歩んでください!誰もいなくなっても、私は応援します!

 

僕が起業した時に手帳に書いてくれたメッセージです。
Nさんはこの言葉をずっと守ってくれました。

 

「オレは、佐々木亮輔という人間に出資をしたんだ!」

 

こんな言葉も何度も言ってくれました。
(その10倍以上、キツイ言葉も頂きましたが…💦)

 

それでも結果を出すことが出来ず、これ以上Nさん迷に惑を掛けられないと思い僕から辞めることを決意しましたが、僕が辞めた後もお付き合いをさせて頂いておりますし、ずっと応援して頂いております。

 

Mさんから今の道を歩くきっかけを頂き、Nさんからは何がなんでも成功するんだという強い意志を持つきっかけを頂きました。

 

他にも沢山、応援してくれている人がいます。

 

Mさん、Nさんや、応援してくれる人たちがいるからこそ、未来を見ることができ、前に進むことが出来ると思うのです。

 

 

今、目の前のことで精一杯な人は沢山います。

 

何かしてあげたいと思っても、なかなかしてあげることはないかもしれません。

 

でも、少しだけ話しを聞いてあげて、少しだけその人の可能性を信じてあげたら、きっと目の前のことから、もう少し先のことを見れるようになると思うのです。

 

目先のことしか見えない、目の前のことで精一杯な人は、今だけを見ることが重要で、夢や未来を見てはいけないと自らの可能性を遮断しているのです。

 

そのような人達が、少しでも未来を見て、夢を見れるようになればいいと思いませんか?

 

大それたことはしなくても良いのです。

 

その人自身のことを受け止めて、
その人を応援してあげる気持ちで接するだけで良いのです。

 

※「90分間で夢を語り合うチームになる!」ドリームマネジメント無料体験セッション(ZOOM)行っております。

※お気軽にお問合せください。
https://welovedream.com/contact/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト
https://welovedream.com/

■お問い合わせ
https://welovedream.com/contact/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。