なぜ夢を持つことをやめてしまったのか…

皆さん、こんにちは!
ドリームマネージャー佐々木です。

 

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメントという人材開発、組織開発プログラムを広めてます。
https://welovedream.com/

 

 

子供の時は沢山の夢を持っていて、何でも出来ると思っていた。

 

 

それが大人になるにつれて、現実を知るにつれて、夢を持てなくなってきた…

 

 

多くの人が感じることではないでしょうか?

 

 

 

なぜ夢を持つことをやめてしまったのか..._c0212312_19502999.jpg

書籍「ザ・ドリーム・マネージャー」からの抜粋にはこんなことが書かれています。
_____________________________
なぜ夢を持つことをやめてしまったのでしょう?

 

働いて、請求書の支払いに追われながら子供たちを育て、いずれリタイアする・・・・

 

それが人生というものだという考えが、いつのまにかしみついてしまったのかもしれない。

 

あるいは、夢がかなわないことを恐れて、何も望まないようになったのかもしれない。

_____________________________
人生とは?という質問に対して、皆さんは何と答えるでしょうか?

本来ならば、人それぞれの価値観があり、人それぞれの人生があるはずです。

しかし、いつの間にか「人生とはこういうものだ」「人生の成功とはこういうものだ」と決めつけてませんか?

他人と同じような人生を送る必要もありませんし、歴史に名を残す偉業を果たすのが人生の成功ということではありません。

人それぞれの価値観があり、人それぞれの夢があり、人それぞれの人生があります。

それなのに多くの人達が「人生はこういうものだ」と決めつけでしまい、自分自身で視野を狭め、夢を持つことをやめてしまっているのです。

 

 


ドリームマネジメン
を受講者から「視野が広がり、人生に対しての考え方が変わった」と言われることが多いのですが、ドリームマネジメントでは、12のセッションを通じて様々な視点から自分自身を見つめ直し、自分の夢も見つめ直します。

そして、受講生同士(社員同士)で夢を語り合うことにより、他人の夢を応援し、時にはその夢を自分の夢にする場合もあります。

例えば、ある人が富士山に登りたいという夢を持ち、その夢を楽しそうに語ります。

それを聞いた他の人達も富士山に登りたいという気持ちになり、みんなで富士山に登ろうという話しになったりします。

夢は伝染していきます。

自分自身の夢なので、決して強制でも義務でもありません。自らの意志で行動していくのです。

夢を持つと希望が見えます。

夢を実現すると自信がつきます。

希望を持ち、自信に満ちた人は仕事でも最高のパフォーマンスを発揮します。

夢を持つことをやめてしまった人たちは

なぜ、夢を持つことをやめてしまったのでしょうか?

夢がないのではなく、夢を持つことをやめてしまったのではないでしょうか?

人それぞれの価値観があり、人それぞれの夢があります。

そして、人それぞれの人生があるのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト(お問合せもこちらから)
https://welovedream.com/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター制度
https://welovedream.com/blog/?p=1079

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。

社内における新たな忠誠心のカタチ

皆さん、こんにちは!
ドリームマネージャー佐々木です。

 

 

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメントという人材開発、組織開発プログラムを広めてます。
https://welovedream.com/

 

 

 

今回は『社内における新たな忠誠心のカタチ』というテーマでブログを書かせて頂きます。

ひと昔前であれば、一般企業では長く働くことが保証され、美容室、料理人などの職人業と呼ばれる仕事であれば、師弟関係の元、技術の取得が出来ることが、「忠誠心」を生んでいたのだと思います。

 

ただ、現代では、そうような昔ながら”の「忠誠心」を生む環境を、経営する側、雇用される側も求めなくなってきています。

 

 

 

現代においては新しく進化した忠誠心を育む必要が出てきたのではないでしょうか?

 

 

 

 

書籍「ザ・ドリーム・マネージャー」の中で、著者マシュー・ケリーはこのようなことを言っています。

 

________________________

 

新しい忠誠心の土台となるのは、社員と会社がお互いに「自分の理想を実現する」という目標を理解し合うことである。

 

「フォーチュン」にランキングされている働きたい企業リストをよく見てほしい。

 

それらの企業はより大きな収益を求めて奮闘し、成功しているが、働きたい企業として選ばれている基準に目を通せば、社員がよりよい自分になれるよう促しているかどうかが問われているのが分かるだろう。

 

 

そこに選ばれている企業はみな、社員が個人の理想に近づけるよう手を貸せば、会社も必然的に理想に近づくことになると信じているのである。

 

そうした企業には、かなり進歩した形の忠誠心が芽生えているのが分かる。

 

社員のプライベートな目標、夢に協力すれば、今度は社員が自社の掲げる目標を達成しようと情熱を燃やしてくれることを会社側は理解している。

 

____________________________

 

 

社員と経営者側が「お互いの価値を高め合う」という、新しい忠誠心が生まれれば、経営者と社員の間の隔たり、対立意識はなくなり、積極的な協調精神が生まれます。

 

 

 

会社が自分の理想を追求する社員の邪魔をすれば、社員も意識的にせよ無意識にせよ、会社の掲げる目標に反発し、結果的に会社の理想の実現を阻むことになります。

 

 

 

会社が掲げる目標と、社員のプライベートの夢、目標は全てがイコールにはならないとしても、社員のプライベートの夢の実現に対して、会社が協力することによって、「お互いの価値を高め合う」という関係性が芽生え、それが新しい忠誠心のかたちとなっていくでしょう。

 

 

 

社員の理想と企業の理想は、実に密接にリンクしているのです。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメント公式サイト(お問合せもこちらから)
https://welovedream.com/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター制度
https://welovedream.com/blog/?p=1079

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ドリームマネジメントの効果

ドリームマネジメントを導入すると以下のような効果があります。

【受講者への影響】
・プライベート、仕事の夢・目的が明確となり人生を計画的に生きるようになる
・理想の自分になるために何をするのか?を考え、習慣化するようになる
・身体、人間関係、知性、精神を常に良くすることを意識するようになる
・お金に関する知性が高まる
・高いエネルギーで集中した中身の濃い時間を過ごすことが出来る
・健康管理を意識するようになる(質の良い、運動、食事、睡眠)
・良好な人間関係を築くことができる
・知性を高めるために積極的に学ぶようになる
・安定した精神性を身に付けることができる
・仕事に対してキャリアパスの明確化
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発

【組織(チーム)への影響】
・お互いを応援し合う活発なチームワークの創出
・心理的安全性が高いチーム
・信頼感、モラル向上
・社員のやる気のアップによる高い生産性
・望ましくない離職の減少
・社員の夢を応援する会社としてのブランディング、リクルート効果
・マネジメントおよびリーダーシップ能力の開発
・戦略的思考法の教育
・業績アップ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。