株式会社 R-FAITH

お問合せ

PLAN

Topドリームマネジメント導入プラン

ドリームマネジメント導入プランドリームマネジメント導入プラン

ドリームマネジメント導入プラン

ドリームマネジメントの導入プラン
ご要望に応じたプランをご用意しております。

 



 

■ドリームマネジメント基本プラン 120,000円(税抜き)※お1人様(1チーム10~20人)



ドリームマネジメント年間プログラム(月1回×12回)

書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の著者マシューケリーが開発した、世界的企業の導入実績も多数ある究極の人材育成・組織開発プログラム。夢の共有を通じて、会社と社員、社員同士の関係を強固たるものにしていきます。生産性向上、離職率低下などの効果があります。

・毎月1回(2時間)×12回のセッションを行います。
・アメリカでは世界的企業の導入実績があり、日本でも上場企業をはじめ延べ受講者数は4,000人を超えています。
・受講者の方は夢の実現を目指すことによって仕事、プライベートを積極てに取り組むようになります。
・受講者同士(社員同士)で夢を語り合うことによって、お互いの夢を応援し合い、お互いの価値観を尊重し合える関係となり、チームワークが劇的に良くなります。
・離職率低下、生産性向上に繋がります。
・経営者、幹部の方が社員の夢を知ることによって、本気で社員の夢を応援できるようになります。
・夢を語り合うことによってチーム内に「心理的安全性」が生まれます。
・企業への導入の他、経営者同士で受講することも可能です。
・体験セッションもございますのでお気軽にご相談下さい。

 




■ドリームマネジメント社内ファシリテーター育成プラン 480,000円(税抜き)



ドリームマネジメント」のファシリテーターを社内で育成するプランです。
社内に「ドリームマネージャー」という役職をつくることによって生産性向上、離職率低下、リクルート効果を図ることが出来ます。
ドリームマネジメントの考え方、毎月1回(2時間)×12セッションのテキスト、マニュアルを渡し、各セッションの進行の仕方を教えるので、すぐに実践することができます。「夢の実現」は人々にとって究極の目的です。その究極の目的である「夢の実現」を応援するということは、究極のマネジメントを生みます。

ドリームマネジメントのファシリテーターは「肯定志向」「傾聴する」「夢を否定、判断しない」「自分の価値観を押し付けない」「相手の価値観を尊重する」など、現代のマネジメントに必要な要素が含まれており、それを1年間ファシリーターとして実践することによって、確実にマネジメントスキル向上に繋がります。

受講者である従業員の方々は、自らの夢の実現に向けて、人生を前向きに生きることが出来て、仕事にも積極的に取り組みます。さらに、夢を従業員同士で語り合い、応援のし合うことによってチームが一体化していきます。リーダー育成、組織活性化という点で会社が大きく変わります。


※受講者用テキストは別途1冊5,000円(税別)

 




 

 

■ドリームマネジメント導入 年間コンサルプラン 3,600,000円(税抜き)



ドリームマネジメントを企業文化として根付かせ、「社員同士が夢を応援する組織」をつくるプランです。

■こんな企業様におすすめ
・夢を応援し合う組織にしたい
・社内のコミュニケーション活性化
・社員一人ひとりの夢の実現を応援したい
・会社と社員の信頼関係を深めたい
・幹部のマネジメントスキルを向上させたい
・離職率低下
・リクルート効果向上

■プラン詳細
ドリームマネジメントの社内ファシリテーターを3名育成し、1年間ドリームマネジメントのセッションを実践し、毎月のセッションのチェックし、さらにミーティングを行い、ファシリテーター育成と社内浸透を同時に行います。

・ファシリテーター講習 計15時間(5時間×3回)
・毎月セッションに同席&チェック(月1回セション×12回)
 ※1セッションあたり2時間
・毎月1回のファシリテーターミーティング(1時間×12回)
 ※セッションチェック同日に開催
・電話、ネットでの予習、問い合わせ対応


・費用(社内ファシリテーター3名育成含む)
360万円(30万×12月)

※ファシリテーターが3名以上の場合は別途費用が掛かります。
※受講者用テキストは別途1冊5,000円(税別)掛かります。




 

 

■講演・体験セッション ドリームマネジメント講演・100の夢を出す体験セッション
150,000円(税別)~




アメリカで開発され体系化された人材育成・組織開発プログラム「ドリームマネジメント」の考え方を知ってもらい、実際にセッションを体験して頂きます。

書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の著者であり、「ドリームマネジメントプログラム」を開発したマシューケリーの考え方は講演、体験セッション形式で知って頂きます。

年間プログラム、社内ファシリテータープランの導入の前に体験をしたい、ドリームマネジメントの考え方を多くの方々に知ってもらいたいという方がいたら、お気軽にご相談下さい。

※時間、内容についてはご相談に応じます。
※人数によって費用が変わる場合がございます。
※講演、体験セッションはドリームマネジメント認定ファシリテーターが行います。
※ファシリテーターのご希望にも対応させて頂きます。

 

 

■ドリームマネジメントの12のセッションの内容



夢の実現のために、最高の選択、最高の自分になるための習慣を身に付ける!
そのような社員が集う組織は最高の組織となる!



※毎月1セッション(2時間程度)を計12回(12ヶ月)行います。



■セッション1 – 目的と夢
ドリームマネジメントの構成について学び、自身の具体的な希望と期待を検証します。本プログラムでの基盤を築くため、参加者は12の領域に対して、自身のドリームリスト(100の夢のリスト)を作ります。制限を設けず、過去の自分から考えず、楽しみながら夢を書き出し、共有します。



■セッション2 – 夢の構造
夢を達成するための具体的で測定可能なアクションステップを開発する方法を学びます。
セッション1でつくった夢のリストから実現したい夢を選択し、目標化(ターゲットドリーム)します。
ここで設定したターゲットドリームの進捗状況を毎回のセッションの共有していきます。


■セッション3 – お金と夢、パートI
お金に対する各参加者の感情を検証し、参加者の経済実態を簡単に診断していきます。
毎月の支出を書き出し、無駄な支出を把握すると共に、今後必要となってくるお金を算出します。
個人のお金の管理が出来ないと、仕事においても会計に強い人間になれないというのがドリームマネジメントの考えです。


■セッション4 – お金と夢、パートII
経済的自由を確保するためにはどうすればいいのか深く考えさせ、お金と人生の時間の観点から、実際の物の値段を検討させます。さらに参加者に個人純資産を算出してもらいます。60歳以降から20年間で必要な金額(経済的自由を手に入れる金額)を算出して、人生においてどれだけの資金、資産が必要かを考えます。


■セッション5 - 性格
マイヤーズ・ブリックス性格分析を使って話し合い、参加者は自己の性格タイプを特定し、性格タイプが仕事や人間関係、活力にどのような影響を与えているのか検証します。自分の性格、相手の性格を共有することによって、お互いの価値観を尊重し、理解度を深めます。


■セッション6 - 時間と活力
どのように時間を過ごし、どのように活力を管理しているのかを検証する機会を与えます。

・時間・・・毎日の24時間の時間の使い方を書き出し、無駄な時間、必要な時間を把握した上で、理想の24時間を書き出します。
・エネルギー・・・エネルギーを上げる人、場所、活動、下げる人、場所、活動を考え、常にエネルギーを上げることを意識しながら行動する習慣を身に付けます。


■セッション7 – 身体
自身の食事、睡眠、運動習慣を検証させ、最高の身体になれる方法を特定するのを助けます。
理想の運動、食事を考えてもらいます。活力を与えてくれる食べ物、低下させる食べ物を把握し、理想の身体をつくるための習慣を身に付けます。


■セッション8 - 感情
「親密さの7段階: The Seven Levels of Intimacy」の枠組みを使い、個々人の人間関係の改善を助けます。
マシュー・ケリーが開発した「親密さの7段階」を用いて、自分と関わっている人達との関係性の深さを把握し、どうしたら関係性を深めることができるか?を考えます。

■セッション9 – 知性
各個人が生涯に渡って学習者となることを支援します。
自分が得意な知性、苦手な知性を把握し、将来的に身に付けたい知性を考えます。
何を学ぶかを考え、学ぶ習慣を身に付けます。


■セッション10 – 精神(スピリチュアル)
各参加者がどのように精神的領域で育ち成長できるのかについて探求します
理想の精神性を考え、それを身に付けるためには何をすれば良いかを考えます。


■セッション11 – キャリア
このセッションで参加者は自己の過去、現在、未来のキャリアを探求します。
仕事に関する夢、実現したいことを、1年以内、1年~5年、5年以降で考え、共有します。


■セッション12 – 人格が運命を決める
ドリームマネジメントへの参加したことによる成長を測定するため、開始時と比較して、各参加者の変化を見直すことを行います。徳が人にとって究極の原則であることを理解し、徳を成長させ、自分の個性を開発する方法を探します。
自分はどんな人間になりたいのか?どんな人生を送りたいのか?を考えます。




社員の夢の実現が離職率低下
生産性向上につながる。