なぜ、離職率400%超えの会社が、応募者が殺到し入社するのが困難になったのか?

皆さん、こんにちは!
ドリームマネージャー佐々木です。

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメントという人材開発、組織開発プログラムを広めてます。
https://welovedream.com/

 

離職率400%‼

c0212312_09333972.jpg
ドリームマネジメントの起源となっている書籍「ザ・ドリーム・マネージャー」

1年間で、100人雇ったら400人が辞める会社なんですかね…それだったら、常に採用をし続けないといけないですね。

そんな会社がアメリカにありました。
ジャンコア社という清掃会社です。

あまりにも辞めていく人が多い中、ジャンコア社の経営者トニーはある決断をしました。

ドリームマネージャーを社内に置くことです。

ドリームマネージャーの役割は、社員一人一人の夢を引き出し、その夢を実現するためにはどうしたら良いか?を一緒に考え、サポートすることです。

ある社員は、自分の家が欲しいという夢を持ちます。

単に家が欲しいという夢を一緒に語るのではなく、自分の家を持つためには、いくら貯金が必要で、毎月の支払いはいくら必要かを算出し、収支を見直すところまで踏み込んでいきます。

その社員は自分の家を持つことが出来ました。

その他の社員も夢を持ち、実現していきます。ドリームマネージャーと一緒に、夢を具体化し、行動計画にまで落とし込んでいくのです。

今まで、夢を持てない社員達が夢を持ち始め、夢を実現していったのです。多くの社員達が自分の夢を実現するようになったのです。

ジャンコア社は離職率の高い清掃会社から「社員の夢の実現を応援する会社」へと生まれ変わったのです。

その後、ジャンコア社は離職率は大幅に減り、それどころか、入社するのが困難にさえなりました。ジャンコア社に入ると自分の夢が実現出来るからです。

※実際のジャンコア社の社長のインタビューです。

このジャンコア社の〝奇跡”についてはTEDを通じても語られてます。


John Jantschという人物がTEDに登壇したときの動画です。
※英語なので下記に日本語訳を記載しておきます。

John JantschはDuct Tape Marketingという会社を立上げ、書籍もベストセラーになっており、日本でも「コミットする力、いつもの仕事をスペシャルな冒険に変える http://amzn.to/15QgOk9というような本が出ています。

このプレゼンの中でドリームマネジメントプログラム(http://welovedream.com)についても触れています。以下、内容の抜粋をご紹介しますのでご覧ください
____________________________________

私はこれまで、多くの経営者と話してきた結果、同じく成功している人であっても、幸せを感じている経営者とそうでない経営者に分かれることがわかった。

その違いは何かというと、幸せな経営者は、より高次の目的を見つけ、その実現のために会社を運営しているということだった。彼らは他人のものさしで成功を計らない。

前に前に、と進もうとするよりも、後ろを振り返って、これまでどれだけのことをやってきたか、どれだけ世界に違いをもたらしてきたかを重視する。

オハイオ州にある清掃サービス会社、ジャンコアは数億円の売り上げを上げ、経営者であるトニーとメリーの夫妻は、成功しているように見えた。しかし、彼らはそうは思っていなかった。

人材の問題を抱えていたからだ。いつも30人くらい人が不足していた。清掃業に就きたい人は少ないし、入社してもすぐに辞めてしまうからだ。彼らは問題を解決するために、ありとあらゆる人事の本を読んだが、結論として導き出したのは、とてもシンプルなことだった。

彼らは社員が住んでいるところから会社まで、シャトルバスを運行しようと考えた。社員が住んでいるところにいって気がついたのは、会社が抱えているのは、人材の問題ではなく、社員が人生の希望や夢を持っていないということだった。
清掃会社で働くことを夢見ている人はいないから…

そこでトニーとメリーは、社員の夢を実現できる会社にしようと考えた。

もし社内に、社員の夢を支援することを目的としている人、ドリームマネージャーがいたら?彼らはそれを実行に移し、いまでは社員数300人、年商12億円以上に成長している。

自分たちを”清掃サービス業”として考えるのではなく、「人々の夢を叶える会社」として考え、その目的にコミットしたのだ。

____________________________________

社内にドリームマネージャーという専任を置くなんて非常識だ。

まさに「夢物語だ!」

コスト的にも見合わない。

なんて思う方もいますが、ジャンコア社の社長のように社員の夢の実現を願っている経営者はたくさんいるはずです。

しかし、実際は社員の夢を把握していない経営者がほとんどです。

経営者自身の夢を会社の夢として、社員の夢にしているケースが多いのではないでしょうか?

さて…

皆さんの会社では社員一人一人の夢を把握してますか?

社員が成長するためにどんなことをしていますか?

また、どれだけのコストを掛けていますか?

それに対して、人が辞めた時の採用コストはどれくらいですか?


新たに採用した教育コストは?

社員にやりがいを持たせて、社員が辞めない環境をつくるコストと、社員が辞めた時の採用、教育コスト、さらに会社内に与えるダメージなど、一度考えてみても良いかもしれませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ドリームマネジメント公式サイト(お問合せもこちらから)
https://welovedream.com/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター講習
https://note.mu/dorimane/n/nba7aad85323d

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。

 

売上か?従業員満足か?というOR思考ではなく、AND思考で考えてみる。

皆さん、こんにちは!
ドリームマネージャー佐々木です。

■世界的企業の導入実績のあるドリームマネジメントという人材開発、組織開発プログラムを広めてます。
https://welovedream.com/

 

 

4、5年前の話です。
ある企業から相談を受けました。

その会社は利益がもの凄い出ている上場企業です。
社員一人当たりの利益が何千万(それ以上??)出ている超優良企業です。社員の待遇も良く、恐らくその会社で働きたい人は沢山いるでしょう。

そんな企業がなぜそんな相談を?
はじめは不思議に思いました。

「うちの会社は、社内がギクシャクしていて雰囲気が最悪です。今は業績が良くて待遇が良いので人は辞めませんが、少し業績が悪くなっって、待遇が悪くなったらほとんどの人が辞めていくと思います。」

担当者はこんな話をし出しました。
さらに、従業員満足度調査をしたところ結果は最悪で、早急になんとかした方が良いと言われたみたいです。経営陣、幹部、社員との関係性も最悪で、社内に入った瞬間、雰囲気の悪さが分かるということでした。

詳しいことは分かりませんが、担当者の方の話しを聞いて、社内の人間関係はかなり酷い状況だということは分かりました。

この会社は、売上、利益を上げるという点では、もの凄く優れています。しかし、働く人達を幸せにするという点では全くダメです。

売上、利益を上げるのと、従業員満足向上させるのと、どちらが重要なのか?こんなテーマで話をすることはないですか?

もちろん、どちらも重要です。
会社の状況によって、注力することが変わったりするかもしれませんが、利益を上げることと、従業員満足向上はどちらも絶対に外すことは出来ません。

売上と従業員満足どちらが重要か?というOR思考の人ほど、視野が狭くなり、考え方が乏しくなっていきます。(そのような人達ほど最終的には「企業だから売上、利益を出すのが最優先だ!」いう結論に行きつくケースが多いです)

どちらも重要なのですから、無理にどちらかを選択する必要はないのです。どちらも当然のように良くしていかなければいけないのです。

売上か?従業員満足か?というOR思考だと、どちらかを犠牲にしなければいけないという考えになり、その結果、自分自身を苦しめることになります。

売上も上げて、社員も幸せにするというAND思考にならないと理想の会社をつくることは出来ません。

仕事か?家族か?

仕事か?健康か?

お金か?自由な時間か?

などと考えてどちらかを選択したとしても、必ず後悔が残るはずです。大事なものはどちらか1つではないですし、1つに絞る必要もありません。AND思考で考えて、どちらも理想を目指せば良いのです。

前述した会社は、売上、利益さえ上げれば良いという1択をしたので、働く人たちが不満を持つようになったのです。今は業績が良いかもしれませんが(それでもすごい不満があるのが怖いですが、、)不満だらけの人達が集まっている会社が、今後も良いサービス、商品を提供し続けるとは思えません。

さらに、この会社の社員達は家族、友人、知人達に自分が働いている会社をどのように伝えているのでしょうか?なんとなく想像は出来ますよね?

このような会社が多ければ多いほど、幸せに感じる人達が少なくなっていくのです。世の中のほとんどの人達が会社に属して働いているのであれば、会社は業績だけでなく社員に幸福感を持たせる責任があるのです。そうでないと、日本中の人達が不幸になってしまいます。

ここで、ドリームマネジメントの考えをお伝えしておきます。

人生で最大の目的は夢の実現です。

人々は夢を持つことによって、人生を前向きに生きることが出来ます。

自分の夢、大切な人達の夢の実現の手段として仕事をすることが大切なのです。

だからこそ、会社は社員に夢を持たせて、その夢を応援する必要があるのです。

働く人たちも、今の仕事が自分の夢の実現へと繋がっていくのなら、仕事か?プライベートなのか?という考え方にはならないはずです。

OR思考からAND思考に変えることによって、本当の理想が見えてくるはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ドリームマネジメント公式サイト(お問合せもこちらから)
https://welovedream.com/

■経営者、エグゼクティブ向けドリームマネジメント個人セッションhttps://note.mu/dorimane/n/n5974623948b1

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター講習
https://note.mu/dorimane/n/nba7aad85323d

 

※書籍「ザ・ドリーム・マネジャー」の研修プログラムである「ドリームマネジメントプログラム」は、日本のライセンシーである”一般財団法人日本アントレプレナー学会”を通じて開催されます。日本アントレプレナー学会を通さず開催される「ドリームマネジメントプログラム」は公認ではなく、内容も保証されておりませんのでご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【佐々木亮輔プロフィール】

長年、美容業界向けのIT事業に携わり、上場企業の関連会社を2社設立し、それぞれ取締役、代表取締役に就任。2014年、「ドリームマネジメント」の日本初の認定ファシリテーターとなる。同年に日本で最初にドリームマネジメントのセッションを行い、現在まで延べ受講者数は4,000人を超える。

2016年に一般財団法人日本アントレプレナー学会の理事に就任。ドリームマネジメント事業の日本の責任者となり、ドリームマネジメントのセッションを行いながら、60名以上ファシリテーターの育成を行う。