価値観が違うのは当たり前。

あなたの周りに価値観の違う人はどれくらいいますか?

 

また、価値観が合う人はどれくらいいますか?

 

 

 

 

価値観が合う、合わない、色々な人がいると思います。
ただ、よく考えてみてください。
実際は価値観が合う人の方が少ないはずです。

仕事関係、友人関係、恋人同士、夫婦、家族など、様々な関係、様々な出来事や会話を通じて、価値観が合う合わないと感じることがあります。

 

全てにおいて価値観が合う人など皆無に等しいと言っても過言ではないでしょう。

 

そもそも、自分自身の価値観も変わっていくのですから、全て自分の価値観に合う相手などいるはずもありません。

 

価値観は絶対に違うという前提で人に接する方が、人間関係はうまくいくはずです。

 

色々な人と接すると、自分に合わない考え方や意見は当然のように出てきます。

深い関係、長く付き合うことによって新たに気付く価値観の違いもあることでしょう。

 

 

そんな時、どう考えますか?

相手の価値観、考え方が、正しい間違っているで判断したら絶対にうまくいかないと思いませんか?

 

どんな時でも自分と違う相手の価値観をまずは受け入れその上で自分の意見を伝えれば良いのです。

 

正しい、間違っているで判断すると
自分と違う意見は確実に否定します。

 

否定された相手はさらに反論し、お互い感情的になって話し合いが決裂するというパターンがほとんどではないでしょうか?

 

自分と異なる価値観を尊重してあげるのが大事なことでありそれが、相手のことを尊重することに繋がっていくのです。

 

相手の価値観を尊重するということは相手に対して思い遣りも出てきます。

 

誰もが自分を認めて欲しいという承認欲求を持っています。
例え、価値観が違っていても人は自分のことを認めて欲しいのです。

 

価値観が違う人は、自分とは違う考え方をします。

価値観が違う人は、自分とは違う言動をします。

 

その価値観を否定してしまうと
その人自身を否定することになってしまいます。

 

 

確かに自分とは違う価値観、考え方の人に対して違和感を抱くこともあるでしょう。

時には苛立ちや怒りを感じることもあるでしょう。

 

しかし、その違和感、怒りを持って
何か解決するのでしょうか?

相手の価値観を変えることは出来るのでしょうか?

 

 

何十年と生きてきた相手の価値観を変えることは容易ではありません。
相手の価値観を否定して、変えようとしたところで相手は反発するだけです。

 

相手の価値観を変えようとするのではなく、相手に対する自分の考え方、相手の言動に対しての自分の受け止め方を変えるしかないのです。

 

相手に対して、違和感、怒りを感じた時よく考えてみてください。

相手は自分のことを憎んでいますか?

相手は自分のことを不幸にしてやろうと思っていますか?

 

 

もし、そう思っている相手でしたら違和感、怒りを感じる前に、人間関係を断ち切った方が良いかと思いますが、大抵はそんなことを思ってはいないはずです。

 

仕事で上司にきつく怒られた時も、その上司はあなたを恨んでいるのではなくあなたを成長させたいと思っているかもしれないですし、会社又は自分の部署の業績を上げたいと思っているのかもしれません。

 

カップル、夫婦のどちらかが相手を怒らせるようなことを言ったとしても、そもそも恋人同士です。

 

憎しみ合っているはずなどありませんし、不幸にしてやろうなんて全く思ってはいないはずです。

 

相手の表面的な言葉や振る舞いで判断するのではなく、深い部分を理解した上で良好な関係を築いていく方がいいと思いませんか?

 

人それぞれ価値観が違うのです。

 

その違いを前提に考えれば何の衝突も起きないはずです。

 

そして、その違いを知った上で、表面の言葉ではなく、深い部分で何を考えているのかを理解して相手を認めてあげないといけません。

 

どうして、そのような価値観を持っているのか?

 

どうして、そんな考え方をするのか?

 

先入観を持たずに相手のことを考えてあげることが大事です。

 

ドリームマネジメントでは夢を語り合うだけではく、お金、性格、エネルギー、身体、知性、感情、精神など、様々なセッションを通じて、お互いを知り、お互いの価値観を知ることが出来ます。

 

お互いを知るということは、浅い部分を知るのではなく深い部分で知るということです。

 

様々なセッションを通じてお互いを知ることが出来るので、お互いの夢を応援することが出来ます。

 

深く知らない人に対しては表面的な応援しかできません。

 

相手の価値観、考え方、人生の歴史を知ることによって、相手の夢、相手の人生を応援することが出来るのです。

 

僕は年間約100回ほどのドリームマネジメントのセッションを行いますが
セッション中、受講者同士で議論、反論が起こったことは一度もありません。

 

お互いを深く知ることが出来るので
表面的な言動で感情が左右されないのでしょう。

 

人それぞれ違う価値観を持っていて
人それぞれ違う夢を持っています。

 

ドリームマネジメントのセッションを行っていると、沢山の価値観から沢山の夢が出てきます。

価値観が違うということは、たくさん気付きを与えてくれます。

 

価値観が違うのは当たり前…

 

 

そう考えて、人付き合いをしていくと相手のマイナス面もプラスに思えるようになってくるでしょう。

 

価値観が違うからこそ相手に魅力を感じるのだと思いませんか?

あなたの周りにいる人達との価値観の違いをもう一度、考えてみてはいかがでしょうか…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドリームマネジメントは、社員の夢を叶えることを使命としています。
そして、それぞれの社員が自ら働きたくなる社内環境を整え、最終的に会社を成功へと導きます。

ドリームマネジメントとは?

ドリームマネジメントのお問い合わせ

■ドリームマネジメント体験セッション、講演について

■ドリームマネジメント社内ファシリテーター制度

佐々木亮輔の過去のブログ

頑張ってみるよ、やれるまで♫

      日々、楽しいことばかりではないし、嫌なこと辛いこともあります。

 

 

嫌なこと、辛いことを瞬時にプラスに捉えたり、他に楽しいことを考えたり、楽しいことをしたりして、切り替えることが出来る人もいます。

 

でも、僕は一度立ち止まって、嫌なこと、辛いことを受け止めて、どうしてそのような感情になるのかを自分の中で考えるようにしています。

 

そうでないと、根本的な解決にはならないような気がするのです。

 

無理にプラスな気持ちに変えようとすると、かえって反動がきそうだし、楽しいことを考えて忘れようとしても、結局はまた思い出すので、応急処置にしかならなくなります。

 

だから、一度マイナスなこと、マイナスな感情を受け止め、どうしたら改善、解決するかを考えます。

 

もちろん、全てが解決するわけでもなく、解決せずにしばらく悩んでいる時もあります。

 

でも、そんなマイナスな状況、感情を受け止めてることによって、はじめてプラスへのスタートになるのではないかと思ってます。

 

マイナスな感情を自分の中で誤魔化して、表面だけプラスを演じても、マイナスな状況から逃げてるだけで何も解決しないような気がするのです。

 

これは、あくまでも僕の考え方ですが…^^;

 

 

今でも、マイナスな感情になる時があります。

大なり小なり、日々マイナスな感情が出てきます。

 

小さなマイナスな波はスルーしてもそんなに影響はないかもしれませんが、問題は大きなマイナスな波が襲ってきた時です。

 

大きなマイナスな波にうまく乗ってすり抜けていくか、正面から受け止めるかということです。

 

僕はその大きなマイナスな波にのみ込まれたとしても、一度は受け止めて考えたいと思ってます。

 

マイナスな状況を受け止めて、良くするためにどうしたら良いかを考えると、よほどのことでない限り、何をすればよいのか?何をやめればよいのか?がみえてきます。

 

やるか?やめるか?の二択になる場合が多いです。

 

決して、やる、やり抜くという答えだけが正しいということではありません。

 

そのマイナスな状況、感情を生むことに対して、やらない、やめるという選択肢も正しい場合もあるのです。

 

例えば、

自分が大好きな彼女がいて、その彼女はずっと自分以外の人しか見てない時、仕事が結果が出ずに、辛くて苦しいだけのものとなってしまった時などは、やり抜く、やめるという両方の選択肢があります。

 

やり抜くのも覚悟がいるだろうし、やめるのも覚悟がいると思います。

 

 

実は最近、僕の中ではかなり悩ましいことがあり、そのことを考えるだけでマイナスな感情になるということがありました。

 

そのマイナスな感情をプラスにするために、何をやるか?何をやめるか?ということをずっと考えていました。

 

そして、僕の中で出た結論は、自分の中で決めたことを、やる、やり抜くです。

 

逃げず、あきらめず、やり抜く。

 

 

今回の件については、やり抜くことに決めました。(他の件だったらやめるという選択をしたかもしれませんが…)

 

ただし、期限は今年中とします。

 

このブログを使って、やり抜くということをコミットします。

 

 

SMAPのセロリという曲の中で、僕が好きな歌詞があります。

 

頑張ってみるよ、やれるまで🎵

 

素敵な歌詞ですね。

曲を聴いてると力みもあまりない(^.^)

 

 

おりゃ〜!やってやるぜ〜!

死んでもやり切るぜ〜!

 

というテンションの方が本気度が増すという人もいるでしょうが、

 

僕はどうせやると決めたなら、全力で楽しみながらやり切りたい。

 

余談ですが、

「頑張ってみるよ、やれるまで」を女性に話したら、

「あなたは私の体目的なの⁉︎」と怒られた経験もありますが…😅

そういう、やる、やれる、ではございませんので😅

 

 

最近、色々と考えていましたが、やると決めたことを、全力で楽しんで、やり抜きたいと思います。

 

あきらめそうになったら、このブログを見てみようと思います。